キャッシュレスで病院を受診、その方法について

ii09

インドネシアで生活をしているうちに、病気にかかったり、怪我を負ってしまうこともあるかもしれません。

滞在が長期になればなるほどにその可能性も高まります。

しかし、日本と同じような高い水準の医療を受けようと思ったら、基本的に外国人の患者さんを受け入れている大きな国際病院に行く必要があるのです。

現地のクリニックですと、環境が悪かったり、技術力不足で満足な医療を受けられない可能性も考えられます。

国際病院を受診すれば、もちろん普通のクリニックとは比べ物にならないくらい医療費が高額になってしまいますので、手術や入院などになってしまった場合には大変です。

そういったときに頼りになるのが医療保険です。

海外傷害保険や海外旅行者保険といったような海外の病院を受診する際に使用できる医療保険であり、駐在員の場合には会社が加入手続きをしてくれることもあるでしょう。

現地採用の場合にはご自身で加入してから現地に赴く必要があります。

こうした医療保険の何よりのメリットは指定する病院であれば保険証を提示したり、事前にコールセンターに連絡を入れておくことでキャッシュレスで治療を受けることができるということです。

重症でインドネシアの医療では不十分なときには、医療技術の高いシンガポールなど近くの国の病院にて治療を受けられるサポートをとっている保険会社もあります。

医療保険にもいろいろな商品がありますから、きちんとサポートをしてくれるものを選びましょう。